ホーム > すべて表示 > ヘッドライン >
■ 地域史ニュース

[←前のページに戻る]

展示会情報 柏崎市立博物館「越後の貸鍬用具」国登録有形民俗文化財指定記念公開展示「「貸鍬」って知っていますか?」
No.55 / Group:
Date: 2011/02/12(Sat) 19:27 [修正]
展示会情報
柏崎市立博物館では、「越後の貸鍬用具」の国登録有形民俗文化財指定を記念して、公開展示「「貸鍬」って知っていますか?」が開催中です。

鍬は、農家の必需品です。不思議なことに、本県上・中越地方の農家では、この重要な鍬を自家では所有せず、鍛冶屋から貸し出してもらう「貸鍬」という慣行を江戸時代から続けてきました。鍛冶屋は、農閑期になると貸し出し料として米(戦後は現金)を回収するとともに、必要があれば傷んだ刃先などを随時修理(メンテナンス)して、また翌春に農家へ貸し出すのです。積雪期に鍬を使用できない当地の農民にとって、むしろ合理的なレンタルシステムであったと言えます。
このたび当館所蔵の貸鍬関係資料266点が「越後の貸鍬用具」として国の登録有形民俗文化財に指定されました。本展ではこれを記念し、全資料を一堂に展示し、広く県民の皆さまに公開するものです。これを機に、越後の農民と鍛冶屋が育んできた珍しい鍬をめぐる民俗文化について理解を深めて頂ければ幸いです

会場:柏崎市立博物館エントランスホール(観覧無料)

期間:平成23年2月5日〜4月下旬

〒945-0841
新潟県柏崎市緑町8-35
柏崎市立博物館
TEL:0257-22-0567
FAX:0257-22-0568
MAIL:k-museum@kisnet.or.jp




- WL-News Ver1.02 -